【転職マニア解説】結局コレだけ!面接の質問

【転職マニア解説】もう悩まない!キャリアプランの作り方

更新日:

 

代表的な質問

  • 今後のキャリアプランをお聞かせください
  • 将来の夢についてお聞かせください
  • 将来どんな役職に就きたいですか?

 

関連質問

  • 当社を志望した動機を教えてください。
  • 転職理由はなんですか?

 

キャリアプランとは?

バリバリさん
「キャリアプラン」って、例えば、正社員になって、30代に係長になって実績を上げて、40代で課長、50代で部長になる、そのために私はこうするみたいなものですか?
ナルホド君
僕の場合は、若い時はとにかく結果を出して、30代になったら若い連中を指導して、40代になったら、会社の方針に口を出せるようになってたらとか思ってるんですけど、それもキャリアプランと言っていいですか?
エイト
そうですね。ナルホド君と、バリバリさんのを合わせるともっと良いですね。例えば、こういう事です。
目標 会社の方針に影響を与えられる人材になりたい
具体的には? 50才で部長以上
そのためにいつまでに何する? 個人ではもちろん、組織作りでも結果を出す。そのために、
30で主任になり、自分の仕事はもちろん、後輩の育成でも結果を出す。
35で係長になって部下管理の経験を積む。
40で課長になってさらに大きなチームを動かして結果を出す。

 

ナルホド君
なるほど。大体の目標と数値目標がセットになってて、それを達成するためにはどうしたらいいのか?と計画することですね。
エイト
そういう事です。この手の考え方は日頃よくしてませんか?例えば、これは私の知人が結婚するために立てた計画(=プラン)です。
目標 早く結婚したい
具体的には? 30歳で結婚
そのためにいつまでに何する? できるだけ多くの女性と出会う。そのために、今日から、すべての飲み会に参加&出会った人全員と名刺交換&ジム入会。

 

バリバリさん
本当に結婚できたんですか?
エイト
ええ。この通りに行動し、結局テニスクラブで出会った女性と29才で結婚しました。
バリバリさん
スゴイ!
エイト
「キャリアプラン」なんて小難しい言葉を使ってますが、要は、仕事=キャリアに関して、どのような目標を持ち、それに向かってどのように行動していくか示す青写真です。
バリバリさん
なるほど。
エイト
仕事でもなんでもそうですが、目標を持っていれば頑張れるし、効率的にキャリアを歩める、という理屈です。
バリバリさん
さっきの知人の方がそうですもんね。ちなみに、目標や計画は「出世」とか「役職」と絡めないといけないんでしょうか?
エイト
そんなことないですよ。例えば、「私は世界一の営業になりたい」という遠大な目標から計画を考える人もいれば、「私は今の会社でこのソフトを誰よりもうまく使えるようになりたい」のようなもっと身近な、業務目標から、それを実現するための道筋=キャリアプランを作る人もいます。
バリバリさん
どちらが良いんですか?
エイト
どちらでも構いません。目標が今の自分よりも仕事上、「上」であれば何でもいいです。
ナルホド君
何でもいいんですか?
エイト
何でもいいです。

 

キャリアプランはどう答えたら良いか?

エイト
結局、どう答えても正解なんです。「自分が人生をこう歩んでいきたい」という個人的な考え方に良いも悪いもありませんからね。
ナルホド君
確かに。他人がとやかく言える話ではありませんね。
エイト
そういう意味では、評価しづらいので、ここで採用担当者の共感を呼べたとしても「即、採用!」とはなりません。ですので、「マイナスをつけられないよう、そつなく答える」ことができればOKです。
ナルホド君
その「そつなく答える」にはどうしたらいいんですか?
エイト
これまでの仕事人生、これからの仕事人生について、しっかり目的意識をもって一貫した計画の元、歩いていると説明できればいいです。それができないとマイナスです。

 

キャリアプランの注意点

エイト
よくある失敗が、キャリアプランは説明できたのに、志望動機や転職理由などと一貫性がないケースです。
エイト
例えば、「販売職」を志望し、「どんなお客様も喜ばせる接客術を身につけられたら」と語ってたのに、「将来は事務もやってみたい」なんて言われたら、訳が分かりません。
バリバリさん
やっちゃいそう。
ナルホド君
そうか。「こういう仕事人生を歩んでいきたい。そのためにはこういう事がしたいので転職することを決意し、御社を志望した」と答えられないといけないってことですね。
エイト
それができればパーフェクトですが、少なくとも矛盾しないように説明できなければダメですね。
ナルホド君
なるほど。
エイト
志望動機とかは苦し紛れに作る人が多いから、転職理由とか仕事観とかと矛盾が生まれて、「この人、さっき言ってたことと違うな」と言ったことが起きやすいです。
ナルホド君
でも、すべての質問に矛盾なく答えるのは難しそう・・。
エイト
それは、そうしたキャリア関係の回答をバラバラに作るからです。
バリバリさん
バラバラ?
エイト
まずキャリアプランを作ってから、志望動機や転職理由、それに仕事観とかキャリアに関する考えをまとめれば矛盾がありません。
バリバリさん
なるほどですね。

 

キャリアプランの作り方

ナルホド君
おっしゃることは分かったんですが、僕の人生、「一貫性」がないんですよね。目標も明確でないし、計画も行きあたりばったりで矛盾だらけ。困りました・・。
エイト
ハハハ!みんなそうですよ。私だって、ただ「ストーリー」をつないだだけです。
バリバリさん
ストーリー?
エイト
今までの仕事人生を「求人に合わせて都合よくつなげてストーリー化」するんです。

 

例:私のキャリアプラン

エイト
例えば、私の場合を話すと、
ナルホド君
はい、はい。
エイト
漠然と、偉くなってお金がたくさん欲しいと思ってました。そこで見つけたのが、外資系企業のマーケティング職の求人でした。
ナルホド君
「偉くなって金が欲しい」分かります(笑)。
エイト
外資と言ったら出世が速そうだし、マーケティングはなんだかエラそうなので前からやりたいと思っていました。
ナルホド君
なるほど。
エイト
でも、そのまま言うのはさすがにマズいと思ったので、自分のやってきた事&ホンネ&求人をくっつけるストーリーを考えました。まず設定したのがキャリア目標。
ナルホド君
どんな目標だったんですか?
エイト
超フツーですけど「できるだけ多くの人の役に立ちたい」です。当時見た映画の影響で。で、出来上がったのがこんなヘリクツ。
  • できるだけ多くの人の役に立ちたい。そのために
  • できるだけ若くして多くの人に影響を及ぼせる立場に立ちたい。そのために
  • 40代で社長になる。そのために
  • 早くから出世できる実力主義の外資系企業で、出世コースであるマーケティング職に就く。
エイト
これがキャリアプランの骨子になりました。
ナルホド君
なるほど。
エイト
そして、目標を達成するための最短のキャリアは何だろうと考えるわけです。で、適当に作ったのがこんなストーリー。

現在は営業

→オレは多くの人の役に立ちたいんだ!(ウソくせー)

→そのために40代で社長になる。

→そうなるには、外資のマーケティング職に転職

→20代では商売で結果を出す

→30代で管理職になり組織作りでも結果を残す

→40前後でマーケティング部門の責任者になる

 

エイト
ムチャクチャざっくりですけど、これが20代で転職する前のキャリアプランです。
ナルホド君
なるほどねー。

 

キャリアプランと関連質問への回答を一貫させる

エイト
このキャリアプランを軸にして、仕事やキャリアに関する質問への回答を作るわけです。
ナルホド君
はい。
エイト
例えば、志望動機なら、「マーケティングをやりたいから」「マーケティングの世界で御社が有名だから」となり、実際、最初の転職では適当にそう言いました。
ナルホド君
はい。
エイト
なぜ転職したいのかと聞かれたら、「今の会社ではマーケティングの部署に異動するのは望み薄と言われたからです」となります。
ナルホド君
なるほど。それは本当だったんですか?
エイト
本当です。
エイト
続けます。「将来の夢」、「将来就きたい役職」は書いた通り、「人の役に立ちたい」、そのため「できるだけ多くの人に影響を及ぼせる立場でありたい=40代で社長になりたい」です。
ナルホド君
なるほど。ちなみに、「なぜ最初にマーケティングをやらせてもらえる会社に入らなかったんですか?」と聞かれたらどう答えてました?
エイト
「その時は営業が花形で出世が早いと思っていたから」とか適当に返したでしょうね。

 

キャリアゴール(目標)の作り方

ナルホド君
考え方は分かりました。どうやらキモは最初の目標設定ですよね。でも、将来の目標とか夢とか、見つけられていないので、そこが難しいです。
エイト
確かに。真剣に考えれば考えるほど見つかりませんよね。
ナルホド君
そうなんです。「他人のために立ちたい」は僕には遠すぎます(笑)。
エイト
では、現状を出発点にして将来どうなりそうか?と「ボトムアップ」で考えて目標設定してみてはいかがでしょう?
ナルホド君
ボトムアップ?

 

現状から目標を設定する

エイト
例えば、ナルホド君は今、営業職ですよね。で、シェアNo.1の会社に転職したいんですよね。
ナルホド君
はい。
エイト
営業は出世するとどうなるんですか?
ナルホド君
グループリーダーになって、営業所長になって。
エイト
仕事の中身はどう変わるんでしょう?
ナルホド君
グループリーダーになると数人のグループメンバーの面倒も見ないといけなくなりますよね。営業所長なら営業所全体の売上の管理と、各営業の管理と両方でしょうか。
エイト
それ、いいじゃないですか。目標にしちゃいません?例えば、うーん、例えばですが、昔の話で恐縮ですが、「ランボーのトラウトマン大佐みたいに猛者を束ねられる営業になりたいです」といった感じです。

トラウトマン大佐

 

ナルホド君
「トラウトマン大佐」って誰ですか?
エイト
ランボーのベトナム戦争時代の上司、指揮官ですよ。えっ、知らないんですか?
ナルホド君
知りませんよ!いつの時代の話をしてるんですか!
エイト
ランボーは知ってますよね?あのスタローンの出世作の映画です。

 

ナルホド君
聞いた事あります。
エイト
スタローン演じるランボーっていうベトナム戦争で勲章をたくさんもらった元グリーンベレーがいるんですが、そのランボーが唯一言う事を聞くのがトラウトマン大佐なんですよ。
ナルホド君
はあ。
エイト
あまり関心なさそうですね。でも面接官にいそうな40過ぎのおっさんなら分かる話です。
ナルホド君
へえー。
エイト
まあ(笑)、どんな例え話でも良いんですけど、要は、営業の”できる”人は上司の言う事、聞かないじゃないですか?
ナルホド君
はい。そういう先輩います。
エイト
そんな人でも思わず心酔するような上司になりたい、というのを目標にしたらどうでしょう、という事です。
ナルホド君
そんなので良いんですね。
エイト
イイんです。で、そうなるにはまずはランボーみたいな最強の兵士にならないといけないじゃないですか?最強の兵士になるにはグリーンベレーに入るのが近道ですよね?
ナルホド君
はあ(笑)。
エイト
それをキャリアプランに例えるなら、営業としての基礎を身に着ける→最も厳しい会社で実力を磨く→そこで誰よりもすごい実績を上げる→30代でチームリーダーになりチームでもすごい実績を上げる→無敵の営業所長になる、といった感じです。
ナルホド君
なるほど。そうやって考えるのか。ちょっとその例えはピンと来ないので(笑)、自分なりに考えてみます。
エイト
忘れてください(笑)。適当に思い付きを語っただけですから。内容よりも考え方の道筋を参考にしてみてください。

 

求人と結び付けちゃってもいい

クヨクヨさん
エイトさん、正直、何となく分かったような分からないような。自分でやれと言われてもどうやっていいのか分からない状態です。
エイト
なるほど。それならもっと簡単に、求人の仕事の延長線上にあることを目標にしちゃいましょうか。
クヨクヨさん
それは、どうやるんですか?
エイト
例えば・・・、また思い付きですけど、総務の求人なら「影で支える裏方かもしれませんが、アイツがいないとこんなに仕事が増えるのかと言われるくらい、痒い所に手が届きまくる総務マンになりたい」みたいな。
クヨクヨさん
ああ、なるほど。そういう事ですか。でも本当はそんな人になりたくないですけど・・。
エイト
ハハハ!本当に目指さなくてもいいんですよ。採用選考の間だけの話です。でも、これなら志望動機とも結びつけやすいですよね。

 

どうしてもできないなら目標だけでも決める

クヨクヨさん
確かに。これなら何とかできそうです。でも、その目標を達成するためにいつまでに何をするというキャリアプランが作れません。業務知識や会社組織のことがよく分かってないんで。
エイト
んー、確かに・・。それなら正直に

  • キャリア目標はこれと決めていますが、
  • まだ業務知識がないのでどうやったら達成できるのか正直よく分かっておりません。
  • 適当に作ってお話しすることも考えましたが、ウソはつきたくないので、恥ずかしながら正直に申し上げました。
  • 今後懸命に仕事をしながら、また、先輩方に教えていただきながら、キャリアプランを明確にできればと思っております。

とでも言えばいいかなあと。

クヨクヨさん
「分かりません」なんて言っていいんですか?
エイト
そりゃあ、言わない方がいいですが、適当な事・訳の分からない事を言うよりはずっとマシです。
クヨクヨさん
はい。
エイト
これを30代,40代の人が言うとマズいですが、クヨクヨさんくらいジュニアの人なら許されるでしょう。
クヨクヨさん
なるほど。
エイト
それに、あまり業務経験のない人がキャリアプランをスラスラと語る方がちょっとウソくさいです。なら、まだよく分かってないけれども目標に向かってどん欲に走る、意欲ある正直者キャラの方が印象は良いはずです。

 

キャリアプランを作るコツ=「テキトー」

エイト
クヨクヨさんとお話ししていて思いましたが、キャリアプランを作る”コツ”は、「真面目に作らない」ことかもしれませんね。私の場合も、ただ単に、そう目標設定した方が、志望動機や転職理由などを「つなげやすかった」というだけ。テキトーです。
ナルホド君
実は要所要所でエイトさんの言っていた「適当」が気になってました(笑)。それでいいんですね?
エイト
採用選考のためには、それでいいです。真面目に「私のやりたいことは何だろう?」とか「私の夢を実現するにはどうしたら良いだろう?」と考えると、まず目標がなかなか決まらず、前に進めなくなります。
ナルホド君
僕、実際そうなってます。
エイト
また、たとえ目標が定まり、キャリアプランを作れたとしても、それまでの生き方とは違いすぎて言いつくろえない場合も多いです。そうするとまた「固まって」しまいます。
ナルホド君
おっしゃる通りっす。
クヨクヨさん
でも、本来は、最初に人生の青写真があって、それに基づいて、転職するべきか?、どこの会社で働いたらいいか?と考えるべきですよね?
エイト
おっしゃる通りです。ただ、それだと、いつまでたっても青写真ができない私のような人間はずっと前に進めないまま。悩みや苦しさがつのるばかりです。
クヨクヨさん
ですね。
エイト
私の場合は、止まってても何も変わらないと思い、とりあえず暗中模索で転職しました。新しい会社で働き、色々な人に出会い、様々な経験を積む中で、自分のやりたいことがだんだんと見えてきました。
クヨクヨさん
なるほど。
エイト
皆さんが私と同じかどうかは分かりませんが、本音ベースの「仕事でやりたいこと」、「人生で成し遂げたい目標」はそれこそ一生をかけて探すとして、
ナルホド君
はい。
エイト
面接で披露するキャリアプランは、とりあえず、今までやってきたこととつじつまが合いそう&相手が好きそう、なものをテキトーに作るくらいの楽な気持ちで臨んでみてはいかがでしょうか。
ナルホド君
なるほど。テキトーにやるのは得意です!やってみます!
クヨクヨさん
ナルホド君は本当にテキトーでいいよね。でも私も「走りながら考える」でやってみます。

 

-【転職マニア解説】結局コレだけ!面接の質問

Copyright© 我ら転職マニアの超絶!?転職テクニック , 2019 All Rights Reserved.