転職エージェントの使い方 ブログ

マイケルペイジってどうよ?【転職マニア体験談・評判】

更新日:

 

公式サイトを見ると「1976年に英国・ロンドンで創業し、現在世界36カ国において、141支店を構えております。東京オフィスは、2001年に設立。14のチームを持ち、専門的に職種・業界を網羅しています」ってことで、大手人材紹介会社です。

日本で言うとリクルートのイギリス版みたいなもんですな。

よく比較されるのはロバートウォルターズでしょうか。

 

マイケルペイジとのこれまでのコンタクト

私がマイケルペイジに最初にコンタクトを取ったのは30代後半くらいだったでしょうか。

確か転職活動をしている時にこちらから登録をしたんだと思いますが、当時は他にも潤沢に案件があったので、エージェントと会うこともなく、前に進めようと思った案件も一つもありませんでした。

その後、LinkedInがメジャーになってくると、これ経由で声をかけてくるエージェントが増え、その中にマイケルペイジもありました。

それでも、食指を動かされるような案件がなく、エージェントと会うこともありませんでした。

そんな中、何度も何度もメールで連絡してくるエージェントがいて、「なんか面白い案件でもあるのかいな?」と思って、当時死ぬほど忙しかったのですが、会社の会議室までお昼休みに来てもらいました。

 

マイケルペイジのエージェントの印象は?

おいでになったのは20代後半と思しきエージェントの方。

何度も連絡をくれていたので「ガッツのある方だなあ」と思っていたのですが、実際に会ってみると、「ただ単に無神経だっただけ?」と思わされるような人でした。

事前に送っておいたレジュメを元に、彼女が圧迫面接ばりに色々と質問をしてくるのですが、終始、物知り顔の「上から目線」。

これほどの「偉そうさ加減」は、社長面接でも、Top5エグゼクティブサーチのリクルーターでも経験したことがないレベルでした(笑)。

面談で握手
エゴンゼンダーのヘッドハンターってどんな感じ?【転職マニア体験談】

  トップ5サーチ会社の中で、一番お世話になっているのがエゴンゼンダーです。 消費財系のいわゆるFMCGから、外車メーカー、製薬会社、金融など様々な会社の案件を紹介してもらった事があります。 ...

続きを見る

例えば、経歴書の仕事内容に関し、色々な質問を投げてくるんですが、それのどれもが重箱の隅をつつくようなものばかり。

別にいいんですよ、ドンドン突っ込んでいただいて。

でも、DistributionやSOMの意味さえ分からないヤツが細かい所聞いたって分からないでしょ!

こっちにしてみたら「分かりもしないこと聞いて、結局何がしたいねん!」ってな話です。

最初は「経験者かな?」、「分かるのかな?」と思い丁寧に答えましたが、明らかに理解してないと気付いてからは、専門用語をちりばめて適当に蹴散らしました。

それでも、彼女は「分からない」とは言いたくないんでしょうね。無表情で「なるほど」、「分かりました」と言って、また別の質問に移っていきました。

この不毛なやり取りは、まるで「あなたをジャッジするのは私」と分からせるために終始マウンティングを仕掛けられているようで、「なんじゃこれ?」「君は何者?」とイラつきました。

結局、意味のない問答に時間を取られた結果、具体的な案件の話にあまり時間をさけず。

「急いで紹介します!」と勢い込んで見せられた案件はどれも、どこにでもあるようなものばかり。

「これだけ?」

何だったんだ、忙しい中割いた、この30分は・・・。

ちなみに、その後もこのマウンティング野郎はガンガン電話やメールでコンタクトしてきましたが、案件も大したことなかったので「付き合う価値なし!」と見切りを付けました。

 

ちなみに、エゴンゼンダーのような世界的なエグゼクティブサーチのリクルーターでも、企業の人事部長や社長面接でも専門外のことは聞いて来ないものです。

分からないこと聞いたって評価できない=意味ないですからね。

 

えっ?コミュニケーション能力をチェックしてたんじゃないかって?

そんなの2分も話せばわかるでしょうが!(こちらも相手がどの程度か分かりますが)

 

マイケルペイジの案件の印象は?

公式サイトを見ると日本の会社の案件もあるようですが、私は外資系の案件しか紹介されたことはありません。

外資の案件にしても、ここで紹介されるものはロバートウォルターズやイーストウェストといった外資に強い他のエージェントも持っているようなものばかり。

ここに登録をしておかなかったら見れなかったような案件は、今のところ一度も見た事はありません。

 

マイケルペイジに声をかけてもらう方法は?

上のような話を聞くとマイケルペイジに登録したい人はいないかもしれませんが、これは私個人の経験で、他には良いエージェントがいるかもしれません。

ではどうすれば声がかかるか?

私は公式サイトの登録と、LinkedIn経由でしたので、まずはそれを試してみたらいかがでしょうか?

一応人材紹介会社ですので、登録すれば何かしら面談まではやってくれると思います。

ただ、中には、先ほどのような「ヘッドハンター」気分の上から目線のエージェントもいて「私は庶民は相手にしないの」みたいな人もいるので、どこまで面倒をみてくれるのかは分かりません。

 

マイケルペイジ公式サイト

 

(関連記事)

面談で握手
エグゼクティブサーチのヘッドハンティングってどんな感じ?【転職マニア解説】

  星の数ほど「ヘッドハンティング会社」を名乗る会社がありますが、ほとんどのヘッドハンティング会社はリクルートなどの一般的な人材紹介会社と大差ありません。 が、中にはイメージ通りの凄腕の"ヘ ...

続きを見る

 

(人気記事)

転職テクニック
【転職マニア解説】志望動機なんてこう作ったらいい

  志望動機、悩みますよね。私も若い頃は悩んでいました。 でも、「思い込み」から解放されると、楽に作れるようになりました。   Contents1 志望動機は何を言ってもいい1.1 ...

続きを見る

 

転職テクニック
【転職マニア解説】こんな事で差がつく!面接での話し方

  面接で最も重要なのは質問への答えですが、その答えの中身と同じように重要なのが、「話し方」です。 例の通り、転職マニアの所に、翌日に面接を控えた後輩が相談に来ました。   &nb ...

続きを見る

 

-転職エージェントの使い方, ブログ

Copyright© 我ら転職マニアの超絶!?転職テクニック , 2020 All Rights Reserved.